経団連が「残業100時間」を譲れないホントの理由ーー“現場一流-その他

日本なりの個別の問題背景に起因するものであって

日本のIR整備の今後の進捗において非常に大きな決断